お気軽海外生活

1コンテンツ1000円以内の自転車ネタが中心です。 お財布負担はライトに、整備内容はヘビーに。

利益を出すと言うこと2


昨日の続き。
量販店で、こんなに沢山物が売れているのは、メーカーにとっては、ありがたいものだと思う。
・・多分。(人様のことなのではっきりとは分からないのだが・・。)
うちの販売している商品は、いいと思う。なぜなら消費財だから。
でも家電というのは、耐久消費財の範疇のはず。耐久消費財がとてつもないスピードで売れているというのはどういうことだろう?
1.各家庭に新種の耐久消費財が、溢れる。
2.古くも無い耐久消費財が、どんどん捨てられていく。
DVDを買った人は、今まであったビデオ等どうしているのだろう?
ビデオが壊れたから、VHS&DVD&HDの機種に変えるというのは、分かる。
やはり古いビデオは、捨てられるのであろうか?
ウチには、だいぶ昔に使っていた、286マシンが未だに転がっている。5.25incディスクの古いデーター用の、外部フロッピーディスクとして・・。最近使ってないな~。やっぱりこういうものは、要らないはず。
最近、使い捨てが以前にも増して、加速しているように思える。エコロジーなんて言っていたら、物が売れないので、商売にならない。ソフトウエアー先行型で、どんどん新しいハードが追いついてくる。
とりあえず、消費財を売っているウチとしては、物が回ってくれることはありがたい。