お気軽海外生活

1コンテンツ1000円以内の自転車ネタが中心です。 お財布負担はライトに、整備内容はヘビーに。

EV車疑問 ~脱税?

最近と言っても、大分前から話題のEV車ですが、

最近「走行距離税」なる物が取り沙汰されて、はたと気付きましたが、

EV車を充電する電気に税金は掛かってる?

 

昔「ディーゼルエンジンは灯油で走る」と言うことで、灯油臭い排ガスをバラ撒きながら走っているトラックが沢山走っていましたが、、、

灯油は軽油に比べて大分価格が安いので、相当経費削減できますね。

最近はコモンレール全盛で、灯油入れるとヤバイんでしょうか?

メカ的な事は今回はスルーして「税金面」については?

 

軽油代には、道路を走るために必要なショバ代に相当する税金が課税されているはず。

記憶が正しければ、船舶のディーゼルエンジンに使用する軽油は、「道路を走らない」との理由で、免税の対象になってるはず。

漁港付近のGSでは船舶用軽油を、トラックにも給油してくれるところがあるとか無いとか、、、でもこれは立派な脱税。

 

元に戻って、灯油は前提として自動車燃料用ではないため、道路を走るために必要な税金が課税されていないので、

「公道を走る自動車の燃料として灯油を使う」行為は即ち脱税行為

と言う理論だったと記憶しています。

公道を走行しない建築現場内のみで使用される重機類は、灯油を使ってもお咎め無いはず。

 

翻って、本題のEV車。

これを充電する電気って、普通の電気でOK?

家庭の電源でも充電可能とのことですが、EV・PHEVに流れてきている電気代には、特別に課税されて請求されてる?

CMでやってるのを見たけど、停電時にEV車から家庭用に給電した場合は、その分税金は還付されるの?

EV車については、興味も無いので調べたこともないので、???? のオンパレードなのですが、

基本的にはこの辺り、化石燃料車で言うところの脱税では?

 

現在EV車はガソリン車に比べて、燃料経費が非常リーズナブル!!

と言われているようですが、、

EVが主流になるとここぞとばかりに、電気代に燃料税をドッカリ課税してくる未来が見え隠れするのは、私だけでしょうか?

 

 

~おまけ情報です~

中国の話になりますが、

2010年前後までは「養路費」(道路施設管理費)として毎月定額の支払いを行っていました。

その後、「走行距離によって道路を傷めるんじゃね?」「燃費悪い車は道路も傷める」「毎回払いに行くの面倒くさい」etc、

燃料付加税として、徴収されるようになりました。

EVについては、家庭用充電コンセントも、別系統でメーターが取りつけられ、原則「養路費」が課税されていますが、現在国策でEVを推し進められているので、補助金助成金の対象となり、ほぼ税金は免除のようです。

一応辻褄が合ってますね。

 

 

 

自転車整備の一押しツール。個人の見解

 

          

     

 

自転車の整備をしていて、一番手に取ることが多いのが、このスイベルラチェット1/4。Sk-11の物です。

立ててドライバーのように早回し。手応えが出てきたら、90°倒して本締め。

微妙にハンドルが邪魔になる部分では、中途半端な角度で力を加えても、確実に回転力をボルトに伝えてくれます。

 

もう一本のスイベルラチェットは、やはり1/4のDURAMET-Tools。

ハンドルが扁平で、立ててラチェットを効かせてクリクリするのが心地よいです。。

全長が短いので、4mm以下の6角レンチはこちらがメインです。

   

これにWERAの6角ビットを付けた物は、必ず手の届く範囲にスタンバイしています。

 

 

  

以前6角レンチの紹介のコンテンツでも取り上げていますが、

6角レンチは WERAのパワーフィット!! 

アダプターを介して、ビットを利用する時は、レンチ側のプッシュリリースは、絶対必要。

プッシュリリースが無い場合、ビットだけ引き抜くのは至難の業です。100%アダプターがビットにくっついてきます。

プッシュリリース付きのラチェットハンドルは、1000%作業を快適にしてくれます。

 

 

 

 

トルクレンチは、ダイヤル式です。

安物でもいいかな?と思っています。でもダイヤル式。

指定締め付けトルクは幅があるので、極端に誤差が大きくない限り取り敢えずOKかな?

重要なことは

1.複数あるボルトを均等に締め付けること。

2.正しく利用してトルク誤差を押さえること。

 

特に2点目はトルクレンチの指示誤差よりも、間違った使い方が大きな誤差を生む原因と考えています。

ダイヤル式トルクレンチを使う事で、

徐々にトルクを上昇させる途中で迎えた指示トルク値のその瞬間に、締め付けを終える。

この使い方をするためには、目で見てトルクの変化を捉えることができるダイヤル式が使いと感じています。

 

プリセット型は同一トルクを何度も締め付ける時、例えばエンジンのオイルパン固定ネジ等では、非常に便利ですが、自転車の整備では同じトルクで何本も締め付けるシチュエーションはあまりなく、いちいちトルク設定を変更するのが面倒くさい。と言うのも一つの理由です。

 

 

つらつらと、個人的に好きな工具のご紹介でした。

 

ネジの締め方 ~基本の「キ」

YouTubeの自転車組み立て動画を見ていて、少し気になったので、、

 

複数のボルトで取りつけられている部分については、

「均等に数回に分けて締め付ける」

と案内されていますが、

トルクレンチを使用していても、ばらつきのある締め付けが結構見られます。

 

個人的には、トルクレンチは面倒くさい取り扱いに気を遣うので、依頼の自転車メンテナンスの時にのみ使用しています。

 

 

具体的なネジの締め付け方法は、

1.ネジ穴にタップを通す

非常に大事です。

ネジ穴が歪であれば、回転トルク管理をしても、軸トルクは安定しません。

 

タップを持っていなければ、最低限使用するネジをグリグリ通すだけでも効果があります。

ネジがスムースでないと感じた時は、コンパウンドをネジに付けてグリグリするのもありです。

 

 

1-1.アルミ母材であればできればヘリサート処理を行う。

安定感があるのでお勧めですが、結構な出費となりますので、スペシャルオプションです。

 

 

2.仮組み。工具を使わずに素手でボルトを均等に着座するまで締め込みます。

この時、アルミ母体-鉄ネジ の場合は、囓り防止剤を塗った方がいい。と言うのが個人的な感想です。

ネジ専用囓り防止剤、モリブデングリス、ウレアや石鹸基グリス。

グリスを使うと、トルク管理してもオーバートルクになるので非推奨。との考えもありますが、、、やはり固着防止のケミカルは欲しい。 ですね。

 

 

3.ここで初めて工具の出番です。

まずは、ヘキサゴンレンチの軸を持って、全てのネジを締め込みます。

 

 

4.2巡目。ヘキサゴンレンチの短辺を持って締め付けます。

 

 

 

5.3巡目。本締めです。長辺を持って締め付けます。

このレンチでは、一番端を引いた時にしなり始めた頃が、約4Nです。

胴体部分が6角のレンチであればどのメーカーも、3~4.5Nでしなり始めるようです。

胴体部分が丸形状のレンチはしなりがよく解らないので、個人的には、もっぱら固着しかけたネジの緩め専用工具として、使用しています。

 

 

プリセット形トルクレンチも使いやすいのですが、3回に分けて本締めするのに、いちいち調整し直すのは面倒くさくないですか?

ダイヤル式トルクレンチを愛用しています。

経験上、これで、目的トルクに達するまでのゲージの進み具合を均等に徐々に締め付けると、軸トルクが安定するようです。

2N~6Nに達するのに、5秒掛けて締め込むのか? 瞬発的な力で一気に締め込むのか?

この差は大きい気がします。

 

ダイヤル式トルクレンチお勧めです。

 

 

リアディレーラーのBテンションボルトとスプリング ~Claris

今回はあるあるネタではなく、こんなことがあるんかい?的なネタです。

 

事の起こりは、娘のクロスバイクを点検がてら、買い物に行った時のこと。

 

症状

リアローに入れた時の異音。

チェーンが動いている時のみ、コツコツと一定リズムの異音。

足を止めると、異音はなくなる。

異音と共に、コツコツと足に感触が伝わってくる。

Momentum Z-5Air コンポはクラリス。リアスポロケは11-32T。

走行中に変速ワイヤーを締めたり、緩めたりしても、変化無し。

 

トラブルシューティング

家に帰ってスタンドに載せて点検の結果、リアディレーラー全体を手で後方に引っ張ると異音が消える。

 →リアスポロケとガイドプーリーのクリアランス不足

が直接の原因。

取り敢えず、プラスチック製のスポークプロテクターを外すと異音が共鳴せず、やや音が小さくなる物の、何の解消にもなっていない。

 

修理1

スポロケットと、ディレーラーのクリアランスを広げるには、

「Bテンション調整ネジで調整」と思いますが、

トップ側のスポロケット-ガイドプーリーのクリアランス調整には、効果がありますが、ロー側スポロケット-ガイドプーリーのクリアランスはあまり変化しないようです。

 

ロー側スポロケットとガイドプーリーのクリアランスに対しては、Bテンションスプリングの張力が直接的に関係しているようです。

もう一歩踏み込むと、

Bテンションスプリングと、チェーンテンションスプリングの張力のバランスが関係しているようです。

1がBテンションスプリング 2がチェーンテンションスプリング

極端に表すとこんな感じでしょうか?

ディレーラー全体を後方に引っ張るために、Bテンションスプリングが、チェーンテンションスプリングの張力に打ち勝つだけの強さがあれば良い。と言うことになります。

 

 

スプリングのテンションを調整するための取り付け穴が2つあることを利用して、張力を強くする方向にかけ直せば修理完了です。

青矢印にスプリングを掛けると張力強。紫矢印にスプリングを掛けると張力弱。

・・・のはずだったのですが、

昔のディレーラーには付いていた機能が、現在のディレーラーでは省略されている!!!

 

現行の穴の横に強引にもう一つ穴を開けることを検討した物の、、、

あまりの強攻策のため、これについては最終手段にとっておきます。

とりあえず、修理1案は保留で、修理2へ進みます。

 

修理2

前回交換したBテンション回りのパーツを取り置きしていたので、Bテンションスプリングを以前の物に戻してみます。

bjc-cherokee.hatenablog.com

その結果

Bテンションボルト調整幅の真ん中あたりで、調整した結果。

写真で見ても違いがわかりませんね。

ただし、整備スタンド上で回してみても、実走行でもコツコツ音&足触りは全く無くなり、無事修理完了です。

 

考察

今回発生した問題は、ロースポロケット最大歯数がクラリスの使用限界32Tだった。

と言うことが最大の原因だと思われます。

問題なく運用するためには、メーカーが保証する使用限界目一杯で運用することは避けた方が良さそうです。

 

今回問題の起こったBテンションスプリングは、昨年補修部品に交換したばかりなので、約15ヶ月使用。

取り置きのスプリングは、新車状態から約5年使い込んだスプリング。

 

古いスプリングが 新しいスプリングより ヘタリが少なかった

と言うことになります。

 

1.補修部品のスプリングは熱処理が甘かった?

2.補修部品のスプリングはマイナーチェンジ後の仕様で柔らかくなった。

 →同時にチェーンテンションスプリングのバネレートも柔らかくなった。

  →スプリング交換の際は2個同時交換が絶対に必要。

ただし、クラリスモデルは、チェーンテンションスプリング部分がカシメられているためスプリングのみの交換は不可能。

ディレーラーAsssyでの交換が必要。

 

もっとも、普通はこの状態であれば、ディレーラーAssy交換がデフォルトなので、補修部品が出ることが奇跡的で、

工賃が新品部品価格を上回る修理はプロに委託することはナンセンス。

工賃が無視できる個人でここまでやる人がどれ位いるか?

と言うことを鑑みて、以上は、ほぼ需要のない情報でした。

 

 

minne.com

 

 

安倍元首相の事件

安倍元首相のご冥福をお祈りいたします。

 

「これ日本!!!??」

と言うのが第一印象。

 

なんで、犯人がこんなに近づけた? 

これが第二印象。

 

これは自分の経験則。

選挙演説中の政治家の後ろから近づいたら、4人ほどのSPに取り囲まれて、無茶苦茶ビビった!!!

 

暗殺とか、襲撃とか、全然そんなことはなく、

自転車で御堂筋を走ってたら、政治家先生が歩道に背を向けて演説こいとった。

それが、通り道のクソ邪魔な一角を、ロードコーン&ポールで占有して演説しとった。おかげで、通行人や自転車は、狭い道に追いやられて、押し合いへし合い状態。

私は前から来る自転車に道を譲るため、囲みのポールに近づいて停まった瞬間。。

強面のSP4人に取り囲まれた、、、 ビビった、、、

 

 

犯人の動機が、宗教絡みと報道されていたが、、、

映画「ゆきゆきて、神軍」とか「愛のむきだし」とか その他にも「タクシードライバー」「銃声の証明」なんかを連想した。

犯人の活動資金というか、資金源が気になるのだが、、、一部の報道では、親戚の方が、生活の面倒を見ていたと言う話も出てきているようですが、、

 

 

「このような形で言論の自由を奪うのは、許し難き事件」

と偉い先生がコメントしていたのですが、

この犯人自身も、見えない形で言論の自由を奪われていたのでは?

これまで言いたいことを言えずこのような極端な行動に出たのかと考えると、少しさみしさを感じたりします。

 

安部さんについては、首相現役時代はほぼ海外にいたので、日本国内のアベノミクスについては実感していないのですが、外交に関しての安部さんの偉大さは身に浸みて実感できた。

安部さんが年老いて、ヨボヨボしている姿は見たくなかったし、生涯現役を貫いて欲しかったが、今回のような幕引きは、、、、ショックです。

 

 

 

 

 

 

チェーンオイルあれこれ

最近チェーンオイルは AZ 一択です。

実店舗で入手できないのが、少し難ですが、、

通販だと、ついあれもこれもと、頼みすぎてしまうのが難です。

 

AZを選ぶ理由は、色々ありますが、

・種類が豊富

明確に使用目的を分けて、且つ解りやすい注釈がついている

・安い

「安かろう悪かろう」の安いでないと思います。直販、簡素/統一化された容器の原因?

・昔から使っている

チェーンオイルの販売はここ10年?位でしょうか? 

グリスについては、そのずっと前からホームセンターで販売されておりAZユーザー歴は30年(?)程。それまで嫌な思いは殆どしていないので、信用しています。

昔はグリスの蓋が割れてしまう事が多かったようですが、今は問題でていません。

 

最近のお気に入りは、

BIc-004

足触りもいいし、変速性能も問題なし。

しかし、ともかく汚れる。ベトベトになる。黒くなる。

 

黒くなる については、B1-002についても、同じ。

 

黒くなるのが嫌なら、B1-003ドライタイプになるでしょうが、

チェーン鳴りも大きいし、足触りも悪いので、ママチャリ専用にしました。

汚れがつかないので、ママチャリ用途にはこれが最適。

 

 

BIc-004 と B1-002 黒くなるのは同じ。

しかし汚れかたが、全然違う。

BIc-004は、クソ汚れる。ネタネタ汚れが半端ない。

ちょくちょく掃除しようが、ほったらかしで乗ってようが、同じ。

ともかくチェーンが汚れる。 スポロケットについてもネタネタ。

 

 

で、これが悪いのかと言えば、結構気に入っています。

オイルが金属に絡みつく感じです。

チェーンが汚れるのとトレードオフで、強い油膜が魅力的です。

チェーンが汚れていても、ベタベタとあちこちに飛び散ったり、チェーンを触っても極端に手が汚れないのも、気に入っているところです。

 

チェーンオイルのレビューでした。

 

 

MERIDA CROSS WAY 150 ~あさひ限定~ 初期整備諸々

新車を買ったら、

表面的な部分を分解して組み直します。

・各部フレームの雌ネジにタップを通します。

 ネジ穴に塗装が載っている状態で「トルクレンチで正確に組み込みました」

 と言われても、、、なにそれ?

・パーツ装着面の塗料剥がし。

・ワイヤーは全て組み直し。

 アウターワイヤーの切り口の確認。アウター両端にノズル付きキャップの装着。

 グリスを入れて組み込み。インナー末端のハンダ処理。調整。

 フレーム保護チューブ装着。

 ポジションが出ていないので、今回はアウターの長さ調整は、お預けです。

 

部品の取り外しと各部タップ立て

サクサク分解していきます。

ペダルが外れない。

取り敢えず、やばそうな雰囲気が拭えないので、あさひの店舗に持って行って外して貰った。

リーチの長いペダルレンチで結構体重を掛けて外してくれました。

 

     

ペダル軸がクランクに喰い込んでるし、、、

なぜここまで締め込んだ、、、 

「お客様のために一生懸命締め込ませていただいています。」アピールの賜か?

外して貰って、ペダルタップを立てました。

あさひの店舗でペダルタップがなかったので、念のため持参したタップで店の片隅を借していただいて、自分で作業させて貰いました。臨機応変に対応していただけるあさひさんありがとうございます。

でも、、、最後の締め付け再び目一杯締め付けていただきました。。。

   

  

硬いペダルの外し方

安定のいい場所で、地面にタイヤを接地させます。

これ位の位置関係に、クランクとスパナが収まると理想的です。

自転車に跨がり、ブレーキを引いて車体を固定して、右のように上から踏んづけます。

サンダル履きはお勧めしません。踵のあるそこの硬めの靴がお勧めです。

 

因みに使用してているのは、ツールカンパニーストレートのオリジナル15mm片目片口レンチです。スパナ部分の厚みが薄く、価格も安い(400円ほど)でお勧めです。

15mmレンチは普段全く出番がないので、使用頻度が少ないので高級工具の必要が無いものの、100均ではネジを舐めたり怪我したりが怖いので、このスパナ丁度良い塩梅のスパナです。

 

 

パーツ装着面の塗装剥がし

これはやることなし。このフレーム優秀です。

    

    

 

BBのフェースなんか、顔面偏差値高すぎでしょ。

フェースがこれなら、きっと中のネジ山なんかも、バキバキと想像されます。

BB外すのが今から楽しみです。

 

各種ワイヤーやり直し

前後ブレーキ、シフトのワイヤーも全部引き抜いて点検します。

ワイヤー両端には、防水性向上のためグリスをたっぷり詰め込んだノーズ付きキャップをはめます。

アウター出口のインナーワイヤーの保護の意味でも、全ての自転車に使用しています。

使用グリスは、

引きも軽くなり、防水性も良く、ホームセンターで簡単に入手できるので、最近はもっぱらこればっかりです。

 

     

やってくれてます。

ぱっと見解らないのですが、ワイヤーを外すとアジャスターがブラブラ。

アジャスターの調整範囲を超えてワイヤーを引いています。

まっ、お任せ修理あるあるですね。

アジャスターボルトを目一杯締め込んで、ディレーラーのワイヤー固定ボルトを緩めて、インナーを引き直せば修理完了。

今回はインナー全部抜いているので、2度手間無し。

 

その他

マッドガードを取り付けしようとすると、ブリッジ部分が結構面倒。

貫通穴にせず、ナッター処理。

  

これは結構面倒。

結局スペーサーは削り出しで作成する羽目になりました。

    


貫通穴じゃダメだったんでしょうか?

 

 

色々といじり回している最中ですが、この自転車結構いいです。