お気軽海外生活

1コンテンツ1000円以内の自転車ネタが中心です。 お財布負担はライトに、整備内容はヘビーに。

シートピラーのパイプカットとその再利用

最近のシートピラーって無駄に長いですよね。
スロープドフレームが一般的になって、シートピラーがピョコンと飛び出るので、350や400mmのピラーが普及しているようですが、
クロモリ世代では、アルミと鉄の抱きつきが怖くて、心情的にはあまり長くシートチューブの中にピラーを残しておきたくないです。
ピラーなんぞ直径の3倍も入っていれば強度的に問題は無いので、セッティングが決まれば、長い部分は不要なので、ぶった切ってしまいます。

イメージ 1

これくらい切ったところで大した軽量化にもなりませんが、気の持ちよう。

これこのまま捨ててしまうのは、もったいないので、リサイクルします。

イメージ 2

ヘキサゴンレンチホルダーです。

イメージ 3

上の列が穴の中心間隔、下がヘキサゴンレンチのサイズ。

イメージ 4


マスキングテープで、穴位置をズレないように下書きして、

イメージ 5

ポンチで穴位置を決定します。

イメージ 6

ドリルで穴を開けまくり、斜め穴になるように細めの丸棒ヤスリで修正すれば出来上がり。

イメージ 7


裏側にネジを切って整備スタンドや、作業台の側面に固定しても良いですし、磁石をネジ止めしてロッカーに貼り付けても良し。

結構使いやすいレンチホルダーが簡単にでき上がります。